大判カメラの大きな特長は(1)大画面(2)アオリ撮影(3)接写撮影(4)画面サイズの選択等があります。このひとつひとつの特長について下記に紹介致します。

 
大判カメラの特長の第一がフィルムの大きさです。単純にフィルムが大きいと情報量が豊富ということです。下の写真は35ミリから大判(4×5インチ)までを比較してあります。大きさの違いをご確認ください。
大判フィルム(4×5インチ判)は、何といっても画面サイズが大きいことです。35ミリサイズに比べて約15倍弱もフィルム面積が大きいのです。これはプリントで伸ばしたときに大きな差となって現れます。
下の(写真①)は東京大学安田講堂を4x5インチの大判カメラに焦点距離150ミリレンズを装着して撮影した作品です。(写真②)は同じ構図にするため、35ミリ判カメラの焦点距離46ミリレンズ(ズーム)で撮影した作品です。※フィルムの大きさは実寸大。縦横比は相違するものの大体同じ構図となっています。(写真③)は(写真①)のフィルムから時計部分を拡大してキャビネプリントにしてみました。(写真④)は(写真②)のフィルムからやはり時計部分を拡大してキャビネプリントにしました。結果、大判カメラで撮影した作品は、時計、レンガ等全てが精密描写されたプリントになっています。一方、35ミリ判で撮影された作品は、時計、レンガのエッジがぼやけてクオリティの差が一目瞭然となりました。これだけ35ミリ判と大判とでは差があるという実証です
大判カメラの特長はまず大画面があげられますが、今一番注目されているのがアオリ(アオリ撮影)です。アオリの特性はレンズ部とフィルム部を、蛇腹で繋いだ大判カメラの構造上の特徴を活かし、各々を自在に動かして被写体の①ピント面の調整と②形の修正を可能にすることの二つに代表されます。
蛇腹の特性を活かして撮影倍率を自由に調整できる接写も魅力のひとつです。
大判カメラの特長をアオリ(アオリ撮影)と接写と記述いたしましたが、撮影の目的等によりフィルム画面の選択が可能ということも忘れてはいけません。「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、大判カメラにはこの言葉が当てはまります。大判カメラ(4×5インチ)には各種フィルムホルダーが用意されていますので、6×12㎝、6×9㎝、6×7㎝等の画面サイズを選択できます。また、撮影時のホルダー、フイルム等の用意さえ整えば、カラーリバーサル、ネガ、モノクロ、インスタント等の各種フィルムが使用可能です。※撮影に制限がありますが、大判カメラ(4x5インチ)に5x7インチ判アダプターを装着して更に大きなフィルムで撮影することも可能です。(下の写真をご参照ください。
 
Copyright (C) 2009 Y's CREATE CO.,LTD. All Rights Reserved